プロフィール

出身地東京都あきる野市
出身高校城西大学付属城西高校卒
出身大学城西大学経済学部卒 在学時全学年応援団所属
レコード会社(株)テイチクエンタテイメント第1製作宣伝部
03-5778-1701
プロダクション(株)ファインステージ
TEL:03-5786-0181 / FAX:03-5786-0183
ファンクラブJyo's
TEL:090-4528-3544 / FAX:03-3956-2276
http://www.mitaryo.com
レギュラー番組{沖縄琉球放送RBCiラジオ}「三田りょうのRUNRUNタイム」 毎週日曜 8:15〜8:30 {アメリカロサンゼルス}TEAM J STATION 放送 毎週土曜 11:30〜12:00 {多摩ケーブルテレビ}「三田りょうのラララ♪で行こう」
人物1984年(昭和59年)第1回日本アマチュア歌謡祭に関東地区代表として出場し優秀歌唱賞を受賞。作曲家の弦哲也のもとでレッスンを重ねた。

1987年(昭和62年)にキングレコードから「瀬川きよし」の芸名で「新潟慕情」でデビューした。

2000年(平成12年)9月に「哀愁フェリー」をリリースし、日本有線大賞有線音楽賞を受賞する。翌年、フェリーを乗り継いで「たったひとりの哀愁フェリーキャンペーン」90泊91日の日本一周をした。

2006年(平成18年)6月に発売の「佐渡航路」で2回目の日本有線大賞有線音楽賞を受賞する。

2008年(平成20年)9月に悪性リンパ腫を発症。

2010年(平成22年)4月に恩師弦哲也氏作曲の「心のみちづれ」で復帰。 復帰後は悪性リンパ腫の啓蒙の「ライムグリーン・リボン」支援活動を続ける。

2013年(平成25年) キルギス友好イメージソング『風の旅人』を発表することになり、8月にキルギス共和国の独立記念コンサートで観客5万人に新曲を披露し歓声を浴びた。後にこのコンサートの動画がyoutubeで再生回数100万回をわずか2か月で超え、演歌・歌謡曲では異例と話題になる。

2014年(平成26年)7月にテレビ東京系列のバラエティ番組「ありえへん∞世界」で、キルギスでの演歌ブーム火付け役として紹介された。8月に『キルギス共和国23周年独立記念コンサート』にゲスト出演し、キルギス大統領の前で『風の旅人』を披露。さらに会場に集まった観客5万人からも大歓声を浴び、終了後は昨年以上に行く先々で写真や握手を求められた。6日間の短い滞在期間中に出演したメディアの数は10本を超え、三田りょうのために記者会見も行われるという歓迎ぶりだった

2015年(平成27年)1月にTBS系列「世界進出バラエティ!メイドインジャパン 日本に誇りもてるSP!」で、ブルガリアでも『風の旅人』が大流行していると紹介された。4月にTBS系列「世界の日本人妻は見た! 」でキルギスが特集され、現地で大人気の演歌歌手として紹介された。


8月に『キルギス共和国24周年独立記念コンサート』にゲスト出演し、キルギス過去最大級の規模であるコンサート会場に集まった7万人に『風の旅人 キルギス語ver.』を披露した。滞在期間中には昨年と同様で多数のメディア出演に加え「三田りょうと行くキルギスツアー」や「三田りょう主催コンサート」を行った 。9月にアメリカロサンゼルスで行われた『ジャパンフィルムフェスティバルロサンゼルス2015』に2014年から制作していた『風の旅人アニメ』を出品したところ『審査員特別賞』を受賞した。

2016年(平成28年)8月『キルギス共和国25周年独立記念コンサート』にゲスト出演。今回の滞在中に世界最大の遊牧民のオリンピックである『World Nomad games』に、日本代表としてゲスト出演を果たした。この催し世界中のテレビ局で放送された。

2018年(平成30年)11月、東京都羽村市とキルギス共和国との友好親善ボランティア大使に就任する。

2019年6月キルギス.日本ビジネス協議会名誉顧問委嘱。

2021年6月(令和3年)、長年に渡りキルギス共和国との各方面に渡る交流、尽力してきた事により、アラバエフ・キルギス共和国国立大学より「名誉教授称号」を賜りました。 アラバエフ・キルギス共和国国立大学においては、3回ほどコンサートを行い、学生達との交流もありました。

2013年からキルギス共和国の独立記念コンサートに毎年参加して首都のビシュケクの他、第二の都市オシュやカントでも歌を披露しキルギス訪問は2019年までに11回を数える。

趣味のマラソンでは、92年96年米国ボストンマラソンに出場し完走。青梅マラソン・札幌マラソンなど数多くの大会に出場完走している。
また、1991年(平成3年)に 青梅マラソンのイメージソング「春呼ぶ祭典」を唄っている。
出身大学は城西大学経済学部で、在学時は応援部に所属し、電車の中で歌うという訓練をするなどして歌うことに自信を持ち、歌手を目指した。マラソンが好きで、青梅マラソン、ボストンマラソン等、多くの大会に出場し完走している。最近は山登り、ジム通いも趣味としている。

Мита Рё - певец традиционных песен романтического жанра Энка. Состоит в акционерной компании TEICHIKU ENTERTAINMENT, INC. В декабре 2000 года его песня «Лодка печали» получила Гран-при на 33-ем японском музыкальном конкурсе определяемый голосами зрителей. В 2006 году песня «Маршрут в Садо» получила Гран-при на 39-ом японском музыкальном конкурсе определяемый голосами зрителей. Он родился в городе Акируно в Токио. В 1984 году на первом японском любительском музыкальном фестивале, выступив в качестве представителя региона Канто (регион острова Хонсю), был удостоен Гран- при. Получив уроки композитора Тецуя Ген, в 1987 году он дебютировал под псевдонимом Киёси Сэгава от King Record на конкурсе «Любовь к Ниигате». В сентябре 2000 года выпустив сингл «Лодка печали» получил Гран-при на Японском музыкальном конкурсе определяемый голосами зрителей. На следующий год он совершил путешествие вокруг Японии под названием «Один на лодке Печали» в течение 90 ночей и 91-го дня. В 2006 году в июне месяце от продаж сингла «Маршрут в Садо» он второй раз выигрывает Гран-при на музыкальном конкурсе. Его хобби это марафон и в 1992 и 1996 годах он участвовал и пробежал дистанцию в Бостонском марафоне в Америке. Он также участвовал в забеге во многих марафонах, таких как Оумэ марафон, Саппоро марафон. После болезни в апреле 2010 года он вернулся на сцену с песней учителя Тецуя Ген «Спутник Сердца». С возвращением на сцену он занимается пожертвованием с «Lime green ribbon» с целью просвещения общественности о злокачественных лимфомах. В мае 2013 года Мита Рё участвовал на Втором Международном марафоне на Иссык-Куле. Синглы Мита Рё: Сентябрь 2000 год-выпуск синглов «Лодка печали» и «Почтовая станция» Июнь 2003 год-выпуск синглов «Повторная встреча», «Лодка мечты» Ноябрь 2004 год - выпуск синглов «Песня любимым», «Завтра» Июнь 2006 год-выпуск синглов «Марштрут в Садо», «Твой Нагасаки» Декабрь 2006 год-получение Гран-при на 39-ом музыкальном конкурсе на песню «Маршрут в Садо» Февраль 2008 год-выпуск синглов «Порт Майдзуру», «Элегия об Охотском море» Апрель 2010год-выпуск синглов «Спутник сердца», «Напиток от тоски» Январь 2012 год - «Медленно», «Когда цветут цветы Камелия» Альбомы: Январь 2007 год - выпуск первого альбома «Из Лодки печали»

~港の帰港使~

シングル2000年9月 シングル『哀愁フェリー』発売
2003年6月 シングル『めぐり逢い』発売
2004年11月 シングル『この歌をあの人に…』発売
2006年6月 シングル『佐渡航路』発売
2008年2月 シングル『舞鶴港』発売
2010年4月 シングル『心のみちづれ』発売
2012年1月 シングル『時よ…急がずに』発売
2013年9月 シングル『風の旅人』発売
2016年10月シングル『天道虫』発売
2021年6月シングル『天山遥かに』発売
アルバム2020年10月2stアルバム『三田りょうベストアルバム』発売
2007年1月1stアルバム『哀愁フェリーから』発売

ERG_6583